2014年01月01日

木星特集・・・木星にもオーロラが出現する・・・

・木星には強い磁場があります。
・そのため、木星の北極と南極にオーロラが発生することがわかっています。

hs-2000-38-a-web_print.jpg
 ↑ Credit: NASA/ESA, John Clarke (University of Michigan)
  ハッブル宇宙望遠鏡からの画像・・・木星の北極付近のオーロラ
jupiter.jpg
 ↑ Credit: X-ray: NASA/CXC/SwRI/R.Gladstone et al.; Optical: NASA/ESA/Hubble Heritage (AURA/STScI)
  X線で見た木星のオーロラ

・ちなみに太陽系では、これまで火星、金星、地球、木星、土星、天王星、海王星でも観測されているそうです。
 ↑ 磁場が弱いとされる火星でも出るとは知りませんでした。

************
以上、ニックネーム、海王星人さんと木星人さんが調べてくれた記事でした。
待たせちゃってごめんね。おわびに素敵な画像や動画を探して付けておきました。
おもしろい情報がいっぱいでした。本当にありがとう。
興味をもったみなさんは、他の星についてもいろいろ調べてみてください。
驚きの星が見つかるかも。
posted by ごっしー at 19:15| 富山 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木星特集・・・木星には輪がある。でもいつか無くなってしまう。

・土星に輪があることは有名ですが、無人探査機ボイジャーによって木星に3本の輪があることがわかりました。
PIA01627_Ringe.jpg
↑ Image credit : NASA

・その輪はとても淡く、地球からは観測できないほどのものです。
JupiterRings.jpg
↑ Image credit : NASA 探査機ガリレオより

・輪は、大きさがわずか数マイクロメートルという微粒子からできています。
・その微粒子は木星の衛星・・・イオの火山からやってきたものだそうです。

↑ イオの火山噴火アニメーション

・これらの粒子はいずれ木星に吸い付けられて落ちてしまうと言われているそうです。
 ↑ 輪が無くなるとは知らなかったです。こちらも興味深い情報、ありがとう!
posted by ごっしー at 19:00| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木星特集・・・木星は地球のガードマン・・・

・木星の重力は、地球の約2.5倍です。
・重力とは星が離れていても引く力のことです。
・木星は強力な重力で、彗星や隕石などを強力に吸い寄せて木星に落下させたりします。
・実際、シューメーカーレビー彗星が木星に落下したことが観測されています。

↑ シューメーカーレビー彗星の衝突

・そのため地球に落下するはずの天体が、地球に来ず、大惨事が避けられていると考えられています。

↑ (隕石が地球に落下して恐竜が滅んでしまったという説は有名ですよね。)

・彗星が地球に衝突する確率は、木星がなかった場合より1000倍も低くなっているそうです。
 ↑ 1000倍とはすごい!
・木星のおかげで地球の生物が安心して進化してきたとも言えるのではないでしょうか。
 ↑ なるほど、木星様々ですね。感謝しなければ。調べてくれてありがとう!
posted by ごっしー at 18:50| 富山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木星特集・・・くるくる回りすぎてつぶれちゃった・・・

・木星は9時間55分で一回自転しています。

 ↑ 地球が24時間で一回自転しているのと比較すると速い速い。

・木星が気体の星だということもあり、その高速自転とあわさって、
赤道付近が膨らんだ楕円形になっています。これは遠心力のためです。

↑ 遠心力で楕円形になってしまった木星の形・・・わかりますよね。
posted by ごっしー at 18:33| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木星特集・・・太陽になりそこねた星・・・

木星人さんが、木星について調べてくれたので、ここに紹介します。
・木星は太陽系最大の惑星です。
Jupiter_Earth_Comparison.png
↑ Image credit : NASA
 大きいな〜
・木星が今よりももし80倍ほど重く生まれたならば、中心部で核融合反応がおきて、太陽のように光や熱を出す恒星になったことでしょう。
・そのようになったならば、地球から見て月の4分の1ほどの大きさで赤い光を放つ第二の太陽として地球を照らしたことでしょう。

posted by ごっしー at 18:26| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海王星特集・・・海王星の月はいつか海王星に落ちちゃう・・・

・海王星にはトリトンという衛星があります。海王星の月と言ってもよいでしょう。
・海王星の周りを公転していますが、いつか海王星に落下してしまうそうです!
 ↑ 地球の衛星である月が地球に落下してしまうようなもので、
  なかなかショッキングで興味深いです。
  ごっしーの知らなかった情報でした。詳しく調べてくれてありがとう!


↑ 動画で青いのが海王星、青くないのがトリトンです。
 ・液体水素を吹き出す火山活動がすごい!?(2分30秒より)
 ・海王星の自転の向きと逆に公転している!(4分15秒より)
posted by ごっしー at 18:11| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海王星特集・・・海王星はなぜ青いの?・・・

・海王星に海があるから青く見えるわけではありません。
・海王星の表面は気体でできています。
・その主な成分は、水素84%、ヘリウム12%、メタン2%です。
・海王星の上空には雲があり、縞模様をつくっています。

 ↑ 雲が見えていますね。
・メタンが凍って雲ができているそうです。
 ↑ 地球では天然ガスの主成分のメタン・・・これが凍結しているんですね。
・海王星が青色に見えるのはメタンが赤い色の光を吸収してしまうからです。
 ↑ なるほど!これが青く見える理由なんですね。
・海王星も他の惑星同様に自転していますが、風は自転と逆向きに吹いています。
 ↑ なんだか不思議!
posted by ごっしー at 17:49| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海王星特集・・・海王星でひなたぼっこすると・・・

海王星人さんが、海王星について私のかわりに調べてくれたのでここに紹介します。
・海王星の名前(ネプチューン)は、ローマ神話で海の神(ネプトゥーヌス)から来ています。
・直径は地球の8倍!!
neptunecompared.png
↑ Image credit NASA
地球との大きさの比較写真・・・・でかいわ。

・太陽系第8惑星・・・太陽系で太陽から最も離れた惑星です。
・太陽からの距離は、地球の約30倍も離れています。
 ↑ そんなに離れているんだぁ〜。
・そのため、太陽から届く熱や光はとても少なく、地球に届く900分の1程度。
 ↑ ひなたぼっこしてもあたたまらないなぁ。
・平均気温: -193〜-153℃ です。
 ↑ わお!


↑ 青くて神秘的な星ですね。過去にもファンの人がいました。
 曲は、ホルストの惑星・・・海王星についての楽章です。

調べてくれてありがとう!
posted by ごっしー at 17:40| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天体基礎講座 その3 恒星、惑星、衛星・・・私たち太陽系では

太陽系に先の3種類の星を当てはめてみると・・・・

☆恒星
・太陽がこれにあたります。
・太陽は、太陽系で唯一自ら光や熱を出す恒星です。

↑太陽の迫力の映像・・・

☆惑星
・水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星の8つです。
・これらは太陽から近い順に並べました。
・地球は3番目なので太陽系第3惑星と呼ばれます。

↑太陽系の惑星の歌だよ〜

☆衛星
・水星、金星は衛星をもちません。
・地球には月という衛星が地球の周りを公転しています。
・火星にはフォボスとダイモスという衛星があります。
・木星〜海王星はそれぞれたくさんの衛星をもっています
・木星は65個以上も発見されています。

↑土星のまわりを公転するエンケラドス(土星の衛星)です。
posted by ごっしー at 17:27| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天体基礎講座 その2 3種類の星・・・恒星、惑星、衛星

星は種類によって次の3つに分類されます。

☆恒星 英語でstar(スター) 
・自ら光や熱を発している星です。
・核融合反応で燃えています。
・燃料はいつか尽きるんですよ。
・北斗七星とか、オリオン座の星とか、織り姫星、彦星とか、私たちが見ているほとんどの星たちです。
・3000℃〜12000℃で燃えています。
Hubble_Space_Telescope_picture_of_Betelgeuse.jpg
↑もうすぐ爆発すると言われているオリオン座の恒星、ベテルギウス
・・・3000℃で燃えています。ハッブル宇宙望遠鏡による画像
(Image:public domain)

☆惑星 英語でplanet(プラネット)
・恒星の周りを公転している燃えない星たちです。
・燃えていないので、生物がいる可能性があります。
・今のところ地球以外の星で生命が確認されていませんが。
・太陽以外の恒星のまわりを公転する惑星が近年どんどん発見されています。
・ただし、これら太陽系外惑星は遠すぎてうまく観測できていません。

☆衛星 英語でsatellite(サテライト)
・惑星の周りをさらに公転している星たちです。
・人工の衛星を人工衛星といいます。


posted by ごっしー at 17:21| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天体基礎講座 その1 自転と公転

木星人さんと海王星人さんが、提供してくれた情報をもとに記事を書こうと思っています。
その前に、天体についての基礎知識を・・・・

星の動きについて
1.自転・・・・星が自分自身くるくるとスピンすることです。フィギュアスケート選手のスピンを思い出せばよいでしょう。

↑ 木星が自転している!


↑ 海王星が自転している!

2.公転・・・・星が他の星の周りを、ぐるぐるまわって移動することです。グラウンドのトラックを走るランナーのようですね。

↑ 太陽系の惑星たちの公転です。地球は1年で太陽のまわりを一周します。
posted by ごっしー at 16:52| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

授業で紹介している音速車


↑世界で初めて音速を突破した車、スラストSSC です。
マッハ1.016=時速1227kmを記録しました。
F4ファントム戦闘機のジェットエンジンが2基積まれています。
運転手は、イギリスのアンディ・グリーンさんです。


↑現在開発中の、ブラッドハウンドSSCです。
マッハ1.4を目指しています。
液体燃料だけでなく、固体燃料も積んでいます。ロケットのようです!!

***********
今日は脱出速度の質問を受けました。

マッハ22(時速28,400km)で飛ぶと、地球の周りをぐるぐる回ることができます。
これを第一宇宙速度を言います。国際宇宙ステーションは、このスピードで飛んでいます。約90分で地球を一周します。

マッハ32(40,300km)を越えると、地球の重力から脱して他の星に行けます。
これを第二宇宙速度または脱出速度と言います。
人類でこれまでこの速度を経験したのは、月に行ったアポロ宇宙船の飛行士だけですね。

光はマッハ88万だそうです。圧倒的速さ!
posted by ごっしー at 23:30| 富山 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

鹿児島県でメガソーラー発電所完成!



巨大太陽光発電施設です。太陽電池パネルがものすごい数並んでいます。
22万世帯分の電力というのは、バカにならない発電量だと思います。
排気ガスが出ない地球に優しいエネルギー源ですね。

http://www.kyocera.co.jp/energy/reliability/global.html#.UptEb5GTXrY
posted by ごっしー at 23:14| 富山 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛び出し式コンセント

うーん、頭がやわらかい!!

posted by ごっしー at 23:06| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

大学内を案内してくれる飛行ロボット



MIT=マサチューセッツ工科大学での話です。
スマホのアプリで、クリックをすると
スマホのGPS位置情報を読み取って、ロボットが飛んできてくれます。
大学内のどの部屋に行きたい・・・と、スマホで行き先を入力すると、
ロボットがそこまで案内してくれます。
大学の中って結構広くて迷いやすいものなんですよ~。

案内は人にしてもらいたい気もしますが、
こういうロボットシステムを考える人の頭の柔らかさがすごいです。
MITは、いろいろなアイデアを大切にする大学なのです。
posted by ごっしー at 23:33| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

100年に一度の彗星消滅!

今晩のトップニュースになっていました。

アイソン彗星は、100年に一度の大彗星か?と言われていました。
太陽通過後の12月に地球から肉眼で観測できると期待されていました。

ところが、太陽に最も近づいた日に、分解して消滅してしまったようです。
下の動画は、その日のものです。


↑上の動画では、0:40からがわかりやすいです。
(中央の円形のものは、望遠鏡の前につけてある覆いです。)


↑消滅前のアイソン彗星です。太陽の逆方向に尾を出していることに注目してください。
posted by ごっしー at 20:18| 富山 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

火山が輪をつくっちゃった。



不思議な現象があるものです。
火山の噴煙のリングです。
posted by ごっしー at 22:42| 富山 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

強風警報で部活動中止、明日の予想最低気温は7℃

今日の午前中、
卓球部、バド部、バレー部、サッカー部の休日練習が中止になりました。

強風と雨は、低気圧とそれに伴う、寒冷前線のためです。

↓ 寒冷前線がお昼の正午ごろに富山県を通過したようです。




寒冷前線が通過後、冬型の気圧配置になるので、午後は気温が下がるでしょう。
明朝の予想最低気温は7℃です。
風邪をひかないように温かくしていましょう。
posted by ごっしー at 10:03| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇宙空間で聖火リレー



国際宇宙ステーションから宇宙飛行士さんが外に出て、
宇宙遊泳。
・・・・・その際、聖火リレーが行われました。
リレーと行っても、宇宙空間では走れません!(^_^;)

炎はついていません・持ち手(トーチ)だけです。
・・・宇宙空間には酸素がないしね。
posted by ごっしー at 09:50| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

痛くないインフルエンザ予防




今日、インフルエンザの予防接種をしてきました。
みなさんはいかがですか??

Hくんから紹介してもらったのですが、
こちらは注射の代わりに鼻から吸うタイプです。
痛みがゼロなのがいいですね。
posted by ごっしー at 18:24| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。