2011年01月09日

東京タワーと東京スカイツリー

東京、世界貿易センタービルの展望台にやってきました。

IMGP1554_r.jpg
↑ 夜景撮影定番の東京タワーをパチリ。


IMGP1571_r.jpg

↑ 遠いんだけれども、ここから東京スカイツリーも見えます。探してみよう!

IMGP1579_2.jpg
↑ 建設中のスカイツリーが、写真の上側に見えています。高さは今、593mだそうです。だいぶ高くなりました。
 てっぺんのアンテナがまだできていませんが、完成したらまた撮影してみたい構図です。

*******
軟弱な地盤、大地震がおこるかもしれない首都圏でこんな高いタワーを建ててもだいじょうぶ???
と思うのですが、そこは日本の高度な土木技術でカバー。
 ・地下の硬めの層まで、根っこのような土台が伸びているそうです。(連続地中壁杭)
   http://sankei.jp.msn.com/science/science/100201/scn1002010748003-n2.htm
   
 ・法隆寺の五重塔のように、しなやかに揺れることで振動を吸収するようです。
   http://sankei.jp.msn.com/science/science/100201/scn1002010748003-n1.htm

*******

では、富山への最終列車で帰ります。
posted by ごっしー at 13:55| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京、群馬旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山と前橋の冬の気候を比べてみる

群馬県の県庁所在地、前橋市にやってきました。
太平洋側+内陸の理由から、晴れて乾燥しています。冬、寒いのは富山といっしょ。

DSC02860.jpg
↑ 冬の季節風、からっ風のためやはり湿度は低いですね。

maebashisitudo.jpg
↑ 湿度(%)のグラフです。上ほどじめじめ、下ほど乾燥。前橋は冬、湿度が下がっていますね〜。

maebashikion.jpg
↑ 平均気温(℃)のグラフです。前橋も富山もそれほど変わりません。


maebashikousui.jpg
↑ 降水量(mm)のグラフです。冬の降水量が全く違います。

maebashinisshou.jpg
↑ 日照時間のグラフです。前橋は冬、晴れまくり。同じ日本でもグラフで比べると、全く違うのでおもしろいです。


DSC02866.jpg
↑ やはり前橋は晴れていました。写真は赤城山。

DSC02861.jpg
↑ 一日、勉強してきま〜す!! これが今回の旅の一番の目的・・・臨床教科教育学セミナー http://rinkyokyo.com/


******

グラフの各データーは気象庁のサイトより

前橋市について、WikiPediaより引用
ここから*****

気候
太平洋側気候と内陸性気候を併せ持つ。年間の平均気温は13〜14度だが寒暖の差が烈しい。冬は北西の冷たい季節風が激しく吹くが、湿気は群馬県と新潟県・長野県に跨る山岳部の北東側に降雪してしまうため乾燥している。この地方では冬の北西からの季節風を「上州のからっ風」と呼ぶが、この乾燥した強い季節風の影響で晴天が多い。

*******ここまで
posted by ごっしー at 13:25| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京、群馬旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

新幹線は日本が誇るもの

明日群馬大学に行くので、高崎駅にやってきました。ここで上越・長野新幹線を撮影。
新幹線は日本が誇る高速鉄道です。
車両はもちろん、密な運行スケジュールを正確にコントロールするシステムもすごいです。


IMGP1496.jpg
↑ E2系・・・・今、長野新幹線に使われているので富山まで延伸されると、北陸新幹線もこれが走るのかな?

IMGP1545_.jpg
↑ E2系は、中国に技術輸出されています。中国ではこれを改造した、寝台高速鉄道もあります。うーん、新幹線で寝台車かぁ。

IMGP1420.jpg
↑ E4系・・・・オール2階建てのでっかいやつ。よくもまあ、こういうすごいものを日本人は造ったものです。

IMGP1447.jpg
↑ 愛称はMAX。16両編成もあり。調べると定員は1634人という巨大列車。水橋中の全校生徒数の5〜6倍ですね。

IMGP1468.jpg
↑ 空気抵抗や、すれ違い、トンネルへの突入を考えた結果、こんな先頭車の形になったんだと思います。

IMGP1310.jpg
↑ ベテランの200系。東京から最終列車で富山に帰るときはこれに乗ることになります。


posted by ごっしー at 02:02| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京、群馬旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発光ダイオードが30万球あると

カレッタ汐留のイルミネーションを写しに行きました。
DSC02810.jpg
↑ 光の数が多すぎて素晴らしさは写真で伝えきれません。実にきれいで、来ているみなさんに好評でした。

IMGP1224.jpg
↑ レーザー光線もばんばん飛んでいました。理科っぽく言うと「光の直進」です。

IMGP1211.jpg
↑ イルミネーションを写真にするのは難しい。

IMGP1217.jpg
↑ 色違い

IMGP1235_2.jpg
↑ ソフトフォーカスレンズ出動

IMGP1241.jpg
↑ なんだかよくわからないが、きれいです。

IMGP1580.jpg
↑カレッタ汐留の展望階から撮影

IMGP1258.jpg
↑ 電通ビルのエレベーターで降りて・・・どこへ行っても三角ツリーが主役ですね。


DSC02850.jpg
↑ イルミネーションを見ながら新橋駅まで歩いていきます。
それにしてもLED(発光ダイオード)のイルミネーションがここ数年、どんどん増えています。
安価、小さな消費電力、長寿命、発色が鮮やか・・・・などが受け入れられているのでしょう。
寒い冬に心がほっと温かくなります。
posted by ごっしー at 01:20| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京、群馬旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都庁展望台からの夜景

よく見る構図ではありますが、
素晴らしい夜景を撮ることができました。
やはり、冬の太平洋側は空気が澄んでいます。
では、見て楽しんでください。画像をクリックすると大きくなってなかなかすごいです。

IMGP1190.jpg
↑ 右上に富士山が写っています。

私が夜景を追いかけているのは、もちろん夜景がきれい!!だからですが・・・・・
さらに、このような風景を造ってしまう人類はすごすぎる!!・・・・・
とも思えるからです。地球上の他の生物には絶対にできません。
ヒトは進化の傑作です。

IMGP1197.jpg
↑ 新宿高層ビル群

IMGP1204.jpg
↑ 空が暗くなってきました。光が美しい。

DSC02799.jpg
↑ 建物を出ます。窓明かりが結構多い。残業、お疲れ様です。


DSC02794.jpg
↑ 何回来ても、建築家の方のセンスを感ずる所です。

DSC02801.jpg
↑ 東京都庁を離れ、次は汐留を目指します。
posted by ごっしー at 01:05| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京、群馬旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都庁から見た富士山

東京都庁展望台に着くと、ちょうど日没時間でした。
IMGP1132.jpg


DSC02792.jpg


このように東京から富士山を見ることができます。
IMGP1133_3.jpg

東京など関東地方は、赤い土でおおわれていますが、これを関東ローム層といいます。
富士山や箱根火山からの火山噴出物が陸上に堆積したものです。

ここには多くの外国人旅行者が来ていました。
Oh, Fuji ! とか、Fujisan !
という声が聞かれました。
posted by ごっしー at 00:52| 富山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京、群馬旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山と東京の湿度の違いを測ってみよう!!


勉強しに群馬大学に行くことにしました。教育系学会の大会があるのです。
でも、夜景撮影がくせになってしまって、東京まで足を伸ばすことにしました。
夜景の追っかけはほとんど病気ですね。
太平洋側の地方は、冬が夜景撮影シーズン。冬型の気圧配置になると、雲が無くなり、快晴! 空気もカラッと乾燥するため、すっきりした写真を撮ることができるのです。

*******
てなわけで、水橋駅がスタート地点です。ここで柔道部のI君と会いましたよ。

駅前で湿度を測定!! 下側の目盛りを読んでね。
DSC02749.jpg

さて、列車に乗ると直江津を越えてほくほく線のあたりが、日本有数の豪雪地帯。ここはいつも富山市より多く降っています。
DSC02761.jpg

越後湯沢駅で上越新幹線に乗り換えて、
DSC02762.jpg

しばらくは雪なんですが・・・・
DSC02766.jpg


トンネルを抜けると・・・・晴れだった。太平洋側へ。
DSC02772.jpg


太平洋側の冬は長靴がいりませんよ〜。

新宿駅西口からコクーンタワーが見える。
DSC02774.jpg


斬新なデザインのビル。中はモード学園、つまり学校。
DSC02775.jpg


新宿駅西側の東京都庁まで来ました。
IMGP1116.jpg

ここで湿度の測定!!
DSC02791.jpg

目盛りを読んで、水橋(富山市)の値と比べてね。

厳密に言うと測った時刻が違うので、単純比較できませんが、やはり空気が乾燥していることが確かめられました。
乾いた北よりの季節風をからっ風と言います。
寒い!!
posted by ごっしー at 00:48| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京、群馬旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。