2008年02月24日

ライチョウ、40%減

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/sbc/20080222/20080222-00000003-sbc-loc_all.html

ライチョウは氷河時代の生き残りと呼ばれている鳥です。
地球温暖化や天敵の増加が関係しているそうです。

将来、日本アルプスで見ることができなくなるかも。
posted by ごっしー at 20:38| 富山 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

寿司屋でマグロのトロを食べられなくなる??



世界各国の日本食ブーム(寿司ブーム)のため、マグロが乱獲されています。そのため、中トロや大トロとなるクロマグロやミナミマグロの資源状態が良くありません。
WWFでは、地中海産のマグロを店で売らないように呼びかけています。

参考
http://www.panda.org/about_wwf/where_we_work/europe/what_we_do/mediterranean/about/marine/bluefin_tuna/what_you_can_do/index.cfm
posted by ごっしー at 21:10| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

野ウサギの足跡は、後ろ足が前側!!

スキー場のリフトから雪面に付く動物の足跡を撮影してから、興味をもち、いろいろと足跡について調べました。

おもしろかったのは、野ウサギの足跡です。
不思議なことにこの足跡では進行方向前側が後ろ足、後ろ側が前足になります。
2008-01-19 12-06-38_0272_2.jpg

なぜこのような逆転現象が起きるのか、また野ウサギはどのような足の運びをするのか、想像力を働かせながら考えてみてください。

posted by ごっしー at 22:47| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

スキー場の足跡は誰の物??

スキー場のリフトに乗っているとよく動物の足跡が見つかります。
てんてんてんとつながっていて、見て楽しい模様です。

下の写真は、今日あわすのスキー場で撮影してきたものです。


2008-01-19 12-23-26_0285.jpg
↑結構大きかったぞ。でもクマは冬眠中だし・・・。

2008-01-19 12-21-22_0283.jpg
↑これもまあまあ大きかった。指や爪がはっきりしている動物?

2008-01-19 12-06-38_0272.jpg
↑野ウサギらしい

2008-01-19 12-06-30_0271.jpg
↑これもウサギ?

2008-01-19 12-06-22_0270.jpg
↑両足揃えてジャンプしているのかな??「テン」かも


私は足跡専門家じゃないので、どんな動物のものなのかさっぱりわかりません。一つ確実に言えるのは、人間のものではないということ・・・

posted by ごっしー at 22:16| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

猫が落ち着く場所は・・・



最近固い記事が多かったので、今話題のこれを見てなごみましょう。
posted by ごっしー at 21:41| 富山 | Comment(1) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

ワンちゃん、わけが分からないまま献血に協力

手術には、輸血用の血液が必要です。
そのために、人には献血という制度があります。

では犬の場合はどうする?
犬の手術にも輸血が必要だよなぁ〜。
でも犬が自分から「献血しよう!」と思うことはないよなぁー。

そこで海外でこう考えた人がいる。

その人は、インターネットサイトで、「あなたの飼い犬を血液提供者(提供犬?)として登録しましょう!」と呼びかけたのです。

http://www.animalbloodregister.com/index.php
120x80_tile.gif


ある犬が大けがで動物病院に運ばれたとします。手術のために血液が必要。
そこで獣医さんは登録者の家に連絡して「おたくのワンちゃんの血液を分けてください」と頼みます。

その連絡を受けて、犬の飼い主は愛犬を連れて病院に行きます。そしてワンちゃんの献血開始!ただし、注射器で血を抜かれるワンちゃんは、全く意味がわからず、「ポカ〜ン」(笑)

血を提供してくれたワンちゃんのおかげで、ケガをした犬が無事手術で救われました。
めでたしめでたし・・・・と言っていいのかな???これって???

http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/7069542.stm
posted by ごっしー at 23:32| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

大やけど→皮膚をもらって移植。誰から皮膚をもらうって?

それはやけどをした人自身からです。

株式会社ジャパン・テッシュ・エンジニアリングでは、
ヒトの皮膚の表面の組織=表皮組織の培養ビジネスを始めました。

お客さんの1cm2程度の正常な皮膚組織から、約2週間で1千cm2を超える表皮シートを作製してしまうそうです。
http://www.jpte.co.jp/technologies/cultured_epidermis.html
言葉を変えると、自分の皮膚をこの会社に預けると、約2週間で1000倍の面積に育ててくれるということなのです。すご〜い!!

それにしてもすごい時代になりました。

元は自分の体のものなので、移植しても拒絶反応は少ないそうです。

この会社では同様に、軟骨の組織や目の角膜の表皮組織なども培養しています。


情報源:THE NIKKEI WEEKLY 2007年10月8日号
参考サイト:http://www.jpte.co.jp/technologies/index.html
posted by ごっしー at 21:22| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

近江町市場での「お魚レイアウト」

金沢校外学習では午前中フリーにしていただきました。生徒の皆さん同様に私も課題解決!!と、理科ネタを探しに近江町市場に行きました。途中、3組1班の皆さんと会いました。

売り物の魚の並べ方がきれいだったので、写真を撮ってきました。このように見栄え良くレイアウトするのも商売の工夫=プロの技でしょう。

2007-10-02 09-32-00_0025.jpg
↑ブリの幼魚をフクラギと言います。フクラハギではありません。
富山県産かー。氷見漁港からものかな?

2007-10-02 09-30-01_0023.jpg
↑魚屋のお兄さんから熱心に「甘エビ」を買うのをすすめられました。
おいしそー。醤油をつけて食べたくなりました。

2007-10-02 09-32-28_0028.jpg
↑学校で、サンマが今おいしいねと話していました。今が旬です。青身の魚は健康に良い食品です。
流線型で水の抵抗を減らす外形をしていますね。

2007-10-02 09-32-21_0027.jpg
↑カレイは海底に隠れやすいようにこんな平べったい形に進化してしまいました。

posted by ごっしー at 20:53| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寝過ぎも寝なすぎも良くない

http://news.ameba.jp/2007/09/7433.php
↑5時間以下の睡眠を続けると死亡率が1.7倍に高まるというイギリスの調査結果です。

http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200710021928
↑8時間以上寝ると早死にする確率が高まるというフィンランドの調査結果です。

これらは、大人対象の調査ですが、中学生にも、ほどよい睡眠時間が必要です。寝過ぎでも寝なすぎでも学習成績がふるわないという調査結果もあるので参考にしてください。

*********

東中では2年生と3年生が生活実態調査を行いました。
鉛筆で時間枠をぬりつぶしながら、自分の放課後の生活を振り返るというものです。
IMGP6198.jpg


一学期、第一回の調査で、東中生の睡眠不足が明らかになっています。特に12時以降に就寝している生徒数が高学年ほど多い!そのことが保健委員会睡眠研究チームの発足につながっています。

ちなみに、あの生活実態調査用紙は私が頭をひねって何時間も使って考えたものです。ワープロで深夜までかかって書き上げています。(とほほ)

睡眠不足が体に悪いということはずっと前から知っているのですが、みんなのためにと、つい仕事で深夜まで無理をしてしまう日が多い。本当はたっぷりと寝て、すきっとした顔で授業をしたいんですけどね。
posted by ごっしー at 18:02| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

素晴らしい。君のかくれ方に拍手!!

P1030276_.jpg
↑枝をつまんでいるんですが。
ムシが一匹かくれているよ。探してみよう。

秋季総体会場で卓球部T君発見



答えは・・・
posted by ごっしー at 20:25| 富山 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

ゴキブリは強いんです。



人類がもし絶滅するようなことがあっても、ゴキブリは生き延びているかもしれない。
posted by ごっしー at 20:08| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

2本足でこんなに速く走るロボットはいません



100m走の世界記録が更新されました。9秒74というタイムです。
距離÷時間で計算すると時速37kmになりましたが、これは平均の速さ。瞬間のトップスピードは時速40kmを超えるそうです。

こんなに速く走る2足歩行ロボットはまだ開発されていません。駆け足がやっとなんです。
時速3kmで走るロボット=ASIMO君の動画

人は、神経系、感覚器官、筋肉などをうまく組み合わせて使い、機械にはできない動きを生み出しているのです。

そう考えると、人体は素晴らしい!と思いませんか?
posted by ごっしー at 14:33| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

人食いザメ→サメ食い人



サメはヒトによってどんどん数を減らしています。

サメのヒレはフカヒレと言って、中国料理の高級食材になります。
そこでがんがん捕られているのです。

ジョーズという人食いザメの映画がありましたが、
現実は反対の例が圧倒的に多く、サメはがんがん人に殺されているのです。

サメが絶滅したらどうするのでしょう?
posted by ごっしー at 20:56| 富山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

えっ!カマキリが自分の体を食べている!?

2007-07-11 16-50-01_0006_.jpg
↑僕、カマキリです。何を口に入れているかというと・・・・


2007-07-11 16-50-08_0008_.jpg
↑自分の触角でしたぁ!

えっ?自分の触角を食べておいしいの?・・・・ですって?

続きを読む
posted by ごっしー at 21:04| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

僕、かみ切るのが得意なんです。・・・・ゴマダラカミキリムシ

いつもは、木の皮を食いちぎって生きていますから。
虫かごをかみ切って脱出することぐらい楽勝です。
でも、この虫かごはツルツルしていて、切りようがないなー。




kamiki1.jpg
↑えっ?怒った顔に見えるって?

kamiki3.jpg
↑僕の自慢のあごを見てね。

posted by ごっしー at 21:42| 富山 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

東中の廊下にやってきたツバメ



廊下を飛んだ時は、さすがに速かったです。

窓でじたばたしていた所を段ボール箱を使って捕まえました。

箱の中でしばらくおとなしくしていました。とても可愛かったです。

tubamekun.jpg

ベランダで放されました。ケガ一つ無い健康なツバメだったので、元気よく飛んでいきました。
posted by ごっしー at 22:34| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

特徴が無いと生き延びられない

へんないきもの
へんないきもの早川 いくを

バジリコ 2004-07
売り上げランキング : 4966

おすすめ平均 star
star変な生物
starただもうおもしろい
starこれは博物学の本ではない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↑20万部売れたベストセラーです。


授業でも紹介しましたが、無セキツイ動物は動きがのろいので、何かわざをもっていなければ生き延びることはできません。

ウニはとげ、クラゲは毒、ヒトデは再生能力、貝やカタツムリは引きこもり能力・・・・などなど

この本をながめると、このことをより深く実感できます。無セキツイ動物はあの手この手を使って必死に生きているのです。

この本から特に2つ紹介しておきます。

↓テッポウエビが指パッチン攻撃をして獲物を気絶させている動画(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=eKPrGxB1Kzc

↓トビイカが飛んでいるところを撮影した貴重な写真
http://reco.jfn.co.jp/blog/iwago/archives/2006/11/post_33.html

*************

↓こちらも無セキツイ動物。本に書いてある生物とは違いますが、気配の消し方(擬態)が実に見事です。(加えて、煙幕+ジェット噴射付き)


続きを読む
posted by ごっしー at 23:37| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

鳥も登校する東中!?



キジの兄弟とそのお母さんです。プールのそばにすんでいるようです。
理科的に言うと、鳥類は子供の世話をするということ。

カエル(両生類)とか、トカゲ(は虫類)とかはこのように子連れ散歩はしません。
posted by ごっしー at 19:01| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

虫が巣穴を掘って島が水没の危機

広島県のホボロ島という無人島です。

巣穴のため地面がもろくなり(生物的風化=Biological Weathering)と言えると思います)、
台風のたびに島が波に削られて小さくなっているそうな。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070626-00000063-mai-soci&kz=soci


↓問題の虫、ナナツバコツブムシですが、ダンゴムシに似ていますね。
http://outdoor.geocities.jp/hhiroshimasizenken/hobolo.html
posted by ごっしー at 21:39| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

ドジョウの毛細血管観察・・・命を支えるすごい循環系システム


↑ドジョウすくい中。女の子に結構人気があります。「かわいい」とか言っている班がありました。


↑顕微鏡で尾びれを観察中。低倍率で観察
ここは、尾びれの先端付近で、血液の折り返し地点です。


↑高倍率で観察
赤血球が毛細血管をぎりぎり通過していくところがすごいです。
よーく動画前半を見ると、白血球らしきものも通っていくのがわかります。


↑多くのみなさんが、ノートに感想として書いていましたが・・・
私たちの体の中もこのような感じになっています。

生まれながらにして、このような仕組みがミクロのレベルででもできているところがすごい!
生命の神秘ですね。

前記事:
http://rika2.seesaa.net/article/4472359.html

参考:
http://homepage3.nifty.com/seibutsu-circle/loach.html
↑氷で冷やすとおとなしくなり、血流スピードが落ち、観察しやすくなると書いてありました。
実際やってみたのですが、そのとおりでした。
posted by ごっしー at 15:33| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。