2006年01月01日

2005九州旅行、地図付きページを作りました。遊んでみましょう。

kyushumap.jpg

なかなかおもしろいので、ここをクリックして遊んでみましょう。

ダイダイ色のアイコンを押すと・・・・どうなるかやってみましょう。
・「ページへのリンク」をクリックすると、その場所の記事に飛びます。

・地図は、マウスのドラッグで移動できます。
・左側の+(プラスアイコン)を押してどんどん拡大してみましょう。
・「サテライト」ボタンを押して衛星画像にしてみましょう。

桜島や、阿蘇山、雲仙岳など火山を拡大して衛星画像にしてみるとなかなかおもしろいですよ。
続きを読む
posted by ごっしー at 19:33| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

2005九州旅行の記事をさらに改良、追加しました。

細かに記事を改良したり、付け加えたりしています。

写真が付け加わるなど内容がかなり変わった記事や、新しい記事は、次のとおりです。

@ 鹿児島空港→屋久島空港、空から見た桜島
A ヤクスギランド、ウェットな世界に「いやし」はあった。
B ヤクスギランド、あの手この手で生きる植物たち
C うみがめ保護調査、一日ボランティアの感想文
D ウミガメ一日ボランティアの記事・・・写真追加

屋久島での体験は、今回の旅行で最も思い出深かったところです。ですからA〜Dなどはおすすめです。がんばって書いてみたので、記事名をクリックしてどうぞご覧ください。
posted by ごっしー at 23:02| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

旅の終わり

最後は列車を使って、大阪→富山と無事帰ることができました。

お待たせしました。帰宅後、動画やCG、新ページ加えるなど各記事をかなりグレードアップしました。

kyuushuu_e.jpg
(C) 2005 Google, (c) 2005 Digitalglobe


「2005九州旅行」のカテゴリーに入れてありますので、

http://rika2.seesaa.net/category/580842.html

↑をクリックして入ってください。

日付が逆順になっていて読みにくければ、
http://rika2.seesaa.net/article/5565714.html
から順番に読んだ方がわかりやすいかもしれません。

さらに各記事へのリンクを作っておきます。

 屋久島の記事はここから 
 桜島の記事はここから 
 雲仙岳の記事はここから 
 阿蘇山の記事はここから
 長崎の記事はここから
 神戸の記事はここから

記事はなるべくわかりやすく書いたつもりなので、学校の授業でこれから習うところ以外は、中学生のみなさんにもだいたい意味がわかると思います。

ページ全体が動画や大きな画像のため重たいので、ブロードバンド回線推奨です。
posted by ごっしー at 21:18| 富山 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

震災学習です。

hitotoboudsi.jpg

修学旅行で多くの班に行ってもらいたかった「人と防災未来センター」です。三ノ宮のバス停で手こずりました。

ここは大きな映像がすごかったです。

防災未来館のシアターでは、神戸の大地震を部屋の中で体験しているような感じにさせてくれます。このような体験はここでしかできないと思います。

ひと未来館のこころのシアターでは、葉っぱのフレディという映画が良かった。これは、命とか死について考えさせられるお話です。

↓葉っぱのフレディの原作についてはこちら。

葉っぱのフレディ―いのちの旅
4887470029レオ バスカーリア Leo Buscaglia みらい なな

おすすめ平均
stars「生きる」ということを感性で感じられました。
stars直面できない『死』について考えさせられました。
stars仏教の教えとの関連を考えてみました
stars「いのち」ということ
stars思わず涙してしまった本でした

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by ごっしー at 15:24| 富山 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸港震災メモリアルパーク

posted by ごっしー at 14:38| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超伝導電磁推進船ヤマト1

image/rika2-2005-08-09T14:25:54-1.jpg
神戸海洋博物館横に展示されています。
この実験船、スクリューがありません。どうやって進むのでしょうか?

続きを読む
posted by ごっしー at 14:25| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸港解説

kobe.jpg
(C) 2005 Google, (c) 2005 Digitalglobe
衛星3D画像です。

1858年、日米修好通商条約により開港。外国人居留地ができはじめ、西洋文化の入り口となりました。
阪神工業地帯の発展とともに、一時期は世界最大の貿易港となりました。
1995年の阪神・淡路大震災によって大きな被害を受けました。そのときの被害の様子がメモリアルパークに保存されています。

地形的に、東西に伸びた六甲山と瀬戸内海に挟まれた神戸の町は東西に細長く発展してきました。
六甲山から見下ろす神戸の夜景は、日本3大夜景の一つです。

port_tower.jpg
ポートタワー
ポーッとしていました。

神戸海洋博物館で神戸港の勉強をしてきました。
posted by ごっしー at 14:17| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

長崎の風景・・・絵になるところが多かったです。

nagasaki1.jpg
大浦天主堂

nagasaki1.jpg
旧自由亭 日本初の西洋レストラン 西洋料理発祥の地

nagasakiyakei3.jpg
旧グラバー住宅 日本で最も古い木造西洋風建築

nagasakiyakei2.jpg
鍋冠山から長崎湾の夜景
posted by ごっしー at 17:52| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎、夕食第二回戦

chanpon.jpg

長崎といえば・・・・・
  長崎ちゃらんぽらん・・・・・ではなく

  長崎ちゃんぽん

食前の気持ち: たっぷり食べて、これで長崎の坂道歩きなんてなんのその!

食後の気持ち: 予想外の大盛りで腹ぷくぷく。歩けるかなー?

うーん、どんどん理科情報から離れるなーわーい(嬉しい顔)
posted by ごっしー at 17:50| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎、夕食第一回戦

saraudon.jpg

皿うどん
かりかりの細い麺が中に入っています。とろみがついており、おいしかったです。
posted by ごっしー at 16:37| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出島、復元済みの建物

いくつかの復元された建物に入りましたが、かつてのオランダとの貿易の出入り口に立っているという感じがよかったです。

hetoru.jpg
↑こちらは、ヘトル部屋・・・ヘトルとは、オランダ商館長の代理人のことだそうです。その方が住んでいた建物です。今はおみやげ屋さんになっています。

dejima_isu.jpg
↑これは、一番船船頭部屋。オランダの船長の部屋です。畳にいす・・・・和洋折衷ですなー。
ベッドもありました。

理科っぽいものでは、江戸時代に望遠鏡や顕微鏡がここ出島から入ってきました。コペルニクスの地動説もここから日本に入りました。
posted by ごっしー at 15:27| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎、出島の全体

出島は、日本が鎖国時代、たった一カ所外国と交易していた場所です。

minidejima.jpg
出島のミニチュア模型です。歴史の教科書にある扇形がわかりますね。

image/rika2-2005-08-08T15:25:59-1.jpg
これは、本物の出島です。扇型の並びが何とかわかります。これから建物がきれいに元あった場所に復元されるそうです。

驚いたのは、オランダ人は、肉を食べるために出島で牛などを飼っていたということです。
posted by ごっしー at 15:26| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎、山王神社の鳥居

torii.jpg

どこが変?
原爆にやられました。
posted by ごっしー at 13:24| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千羽鶴

image/rika2-2005-08-08T13:06:58-1.jpg
プルトニウムがどうたらとか、原爆を科学の世界で語りたくありません。
科学の問題以上に人の心の問題であると思うからです。
posted by ごっしー at 13:06| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平和祈念像

kinenzou2.jpg
上に伸びる手は原爆の脅威を、横に伸びる手は平和を表しています。
原爆は科学史最大級の汚点です。科学技術は正しく使わなければなりません。
posted by ごっしー at 12:55| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

爆心地です

bakushin.jpg
犠牲者のみなさんに手を合わせました。なぜか涙が出そうになりました。人の愚かな歴史の繰り返しが無くなればと思いました。
posted by ごっしー at 12:38| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎原爆資料館

image/rika2-2005-08-08T12:30:33-1.jpg
長崎原爆資料館です。

広島に負けず劣らず優れた資料館だと思いました。

平和希求の願いにも関わらず、核実験がどんどん行われていく映像が印象的でした。2000回近く核実験が行われているのですね。

明日8月9日は原爆が投下された「ながさき平和の日」なので、平和団体の方が資料館に多く来ておられたようです。とても真剣に見学しておられました。年齢層は様々でした。外人さんも多く来ておられました。
posted by ごっしー at 12:30| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎市解説

image/rika2-2005-08-20T13:32:09-1.jpg
(C) 2005 Google, (c) 2005 Digitalglobe
長崎市の衛星3D画像です。

九州の西側にある長崎県の県庁所在地です。

江戸時代、鎖国政策がとられたとき、ここ長崎の出島が唯一海外と貿易が行われました。
第二次世界大戦末期には、史上2発目の原爆投下を受けました。

地形的に3方向から山に囲まれ、坂が多い町です。坂のため、自転車は役にたたないそうです。
長崎港には、造船所があります。長崎市に住む4〜7人に1人は、三菱重工長崎造船所に関わる企業に就職しているそうです。戦艦武蔵はここで造られています。

posted by ごっしー at 10:30| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

日本一長い駅名だそうです。

hakusui_sta.jpg
みなみあそみずのうまれるさとはくすいこうげん駅です。
hakusui_sata2.jpg
無人駅です。

このあたりは、阿蘇山のおいしい地下水があちらこちらでわき出ています。
shirakawamizu.jpg
日本一の名水だそうです。名水は火山の恵みといってよいものでしょう。

うーん、北海道にも日本一の名水があったよなー。全国いろいろな所に日本一があるのでは?

味は・・・? 富山の水、負けていませんでしたよ!
posted by ごっしー at 16:49| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UFOの基地?

komeduka.jpg

阿蘇の米塚です。修学旅行生に人気とか。

これは、火山の噴出物(スコリア=穴だらけの噴出物)がたまってできたスコリア丘です。ミニ火山跡と言ってもいいでしょう。
水はけが良すぎて、侵食されることなく、この形を保っているそうです。

そういえば、ハワイ島にもこのようなスコリア丘があちらこちらにありました。


posted by ごっしー at 15:19| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州旅行 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする