2013年11月18日

火山が輪をつくっちゃった。



不思議な現象があるものです。
火山の噴煙のリングです。
posted by ごっしー at 22:42| 富山 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

桜島で噴火、噴煙5000mも上がる。


ニュースに注目していきましょう。
対岸の鹿児島市に火山灰が降って、大変じゃないかな?
もちろん、桜島にも人は住んでいるのですが・・・・
posted by ごっしー at 06:59| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

さて、これはなんでしょう?



800px-Darvasa_gas_crater_panorama.jpg
posted by ごっしー at 21:16| 富山 ☀| Comment(50) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

今朝の地震



震源は淡路島付近で
マグニチュード6.0(今後修正されるかもしれません。)
規模はそこそこ大きな地震ですね。

最大震度は6弱です。
富山県では震度1を観測しています。気付いた人いますか?
近畿地方の人口密集地帯が震度3〜4で揺れています。

石川県や静岡県の震度分布からは、海岸に近いところがよく揺れているように見えます。
砂地の堆積層のため地盤が弱いんでしょうか。

今のところ大きな被害報告はあがってきていないようです。
鉄道が運休しているところがあります。
Yahoo Japan! News で見る範囲でですが。
posted by ごっしー at 06:19| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

富士山がそろそろ噴火すると言われている訳

いつ富士山が噴火するかについては、先生も予知できません。

でも、あと数年内に噴火すると予測している学者もいます。
富士山大噴火! 不気味な5つの兆候
富士山大噴火! 不気味な5つの兆候木村 政昭

宝島社 2011-08-03
売り上げランキング : 13188


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ネット上で調べると富士山周辺で、噴火につながっているのではないかと言われている現象が多く
起きてきています。

・山の中腹から水蒸気が上がるようになった。
・富士五湖の水位が異常に下がった。(2mの地点も)
・地下水があふれ出しているところがある。(水噴火)
・近くの箱根付近で地震が多発してきている。

などです。これらは富士山にマグマが上がってきている証拠ではないか・・・と言われています。

先生が、注目しているのは火山性微動という無感地震です。
過去に北海道の有珠山が噴火する前に、これが多発しました。
無感地震ですから、人は感ずることができないのですが、機械では測定できるとても弱い地震です。

この震源が、じわじわと富士山の山頂に向かって動いているというのです。
マグマが地下で動くと、この火山性微動が起きるので、富士山の地下でマグマが上昇してきているのではないかという説明ができます。

富士山は東京に割と近くにあります。
DSC_5682-2 のコピー.jpg

噴火すると多くの火山灰が偏西風に流されて東京に降ると言われています。
posted by ごっしー at 20:38| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

呉羽山断層の地震はマグニチュード7.4、最大震度7

授業では、呉羽山断層が引き起こすであろう地震について説明しました。

最新の富山市地域防災計画によると・・・・
この地震は、
マグニチュード7.4、最大震度7
です。
また、予想死者数が以前のものよりもかなり多めに見直されていました。
発生する津波は5.4mだそうです。
やはり、鉄筋の建物の3階以上まで避難したいところです。
津波は、富山市水橋の海岸まで地震発生から2分以内でやってきます。
海岸近くで地震を感じたら、その後の津波に備えてすぐ避難しましょう。

参考:本日のNHKローカルニュース「ニュース富山人」より
北日本新聞の記事へのリンク
posted by ごっしー at 19:19| 富山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

金環日食、学校で観測・・・富山で食分92%

晴れました!!
DSC08955.jpg
ずいぶん欠けましたね〜。望遠鏡で太陽を投影しました。
水橋中学校生徒玄関前

DSC08945.jpg
意欲的な生徒のみなさんは早い時間に登校しました。日食めがねで観察

DSC08958.jpg
安全なピンホール法です。画用紙に穴を開けました。

DSC08959.jpg
穴を通った光を見ると一つ一つ欠けて見えます。

DSC08961.jpg
私のニックネームを作ってくれました。ありがとう。

DSC08956.jpg
木漏れ日が三日月型に

DSC08943.jpg
給食トラックがスクリーンに・・・ここでも三日月型
トラック運転手さんも観測。

次の金環食は北海道で18年後だそうです。
今の中学生さんは、働き盛りの年齢になっていますね。

そうなかなか無いことなので、じっくり見て目に焼き付けました。
なかなか楽しかったです。
次は、金星の太陽面通過が6月6日にあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/金星の日面通過
こちらもそうなかなか無いビッグ天体イベントです。
太陽めがねで太陽の手前を通過する金星を肉眼でぎりぎり見ることができるかもしれません。
で、今回の日食のために太陽めがねを買った人は、捨てずに取っておくといいと思います。
平日朝からの現象なので、また望遠鏡を生徒玄関前に出す予定です。
posted by ごっしー at 06:37| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

日本の海底調査船 海面下7740mまで掘り進む・・・世界記録

http://mainichi.jp/select/news/20120428k0000m040098000c.html
(毎日JPへのリンク)

世界で最も深い所に到達したということです。
でも地球スケールでは微々たるもの。
地球の半径を6370kmとすると、計算によるとその0.12%に過ぎません。
posted by ごっしー at 10:16| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

今日の剣岳

剣岳がきれいだったので午後からドライブに行ってきました。

_IGP8424.jpg
だんだん近づいていきます。

_IGP8442.jpg
剣岳の登山口である馬場島近くまで行ってきました。稜線のごつごつが見えます。

_IGP8436, _IGP8433, _IGP8434, _IGP8438, _IGP8435-2.jpg
横を見ると大日岳なんですが、すっかり冬ですね〜。

_IGP8503, _IGP8505, _IGP8507, _IGP8504, _IGP8506, _IGP8508, _IGP8502-2.jpg
立山町の大観峰自然公園という所にも行きました。

_IGP8575, _IGP8574, _IGP8579, _IGP8576, _IGP8580, _IGP8582, _IGP8577, _IGP8578-2.jpg
ここで夕暮れです。剣岳が赤く染まってきれいでした。
posted by ごっしー at 21:40| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

地球上の金は小惑星がもたらせた



貴金属の金はどこからやってきたかという話です。
この説によると小惑星に乗ってやってきたということになります。
posted by ごっしー at 06:20| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

余震にしては規模が大きすぎます


昨日深夜に最大余震が発生しました。



マグニチュード7.4です。
posted by ごっしー at 06:34| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

地震による大地の変動



↑ これは横ずれの話です。

縦方向のずれについては、宮城県石巻市の牡鹿半島は1.2mも地盤沈下したそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110319-00000079-jij-soci

すごい距離ですね。

場所によっては、陸の部分が海になってしまい、津波の復興の妨げになっているようです。


↑ 陸前高田市ですが、市街地が壊滅状態になっているのがわかります。
被災者の方の気持ちになると胸が痛みます。
posted by ごっしー at 19:12| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

津波の被害が明らかになりつつある。



リアス式海岸の入り江にできた町は、津波のエネルギーが集中しやすい場所にあります。
被害者が1万人を超す勢いです。

砕けた流木の下になっている方の気持ちを考えるとつらくなります。
posted by ごっしー at 18:39| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

M8.8の大規模地震


北海道から九州まで揺れています。ここまで大規模な地震はこれまで見たことがありません。


余震と言えども強力です。
posted by ごっしー at 23:51| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歴史的な大地震と津波



今日の地震はマグニチュード8.8、最大震度7の
最大級の地震です。


余震で揺れている職員室

太平洋側を中心に大変なことになっています。
posted by ごっしー at 18:04| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

ニュージーランドで断層がずれて大地震、でも富山市にも断層がある

富山市には呉羽山断層という活断層が走っています。
この断層がずれると大きな地震が起きるとされています。

本年度、富山大学の先生が呉羽山断層について詳しく調べました。
すると、予想以上長く海底にまで伸びていることがわかりました。(今月の発表)
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2011022202000128.html
中日新聞CHUNICHI Web
この断層が海底でずれると、水橋に津波がやってくる可能性が出てきます。


********ここから水橋地区、津波来襲予想シナリオ**********

呉羽山断層の海底部分がずれ、富山湾で地震発生。水橋でも大きな揺れを感じます。
海底断層上で海水が持ち上がります。ここで津波が発生します。

津波発生場所から白岩川河口まで約4kmです。
http://www.u-toyama.ac.jp/jp/publicity/pr2010/pdf/102.pdf
(↑上のリンク先の地図より最短距離を測定)

すると、地震発生から約6分で津波が白岩川河口に到達することになります。
(津波の速度を勝手ながら時速40kmとして単純計算しました。)

_IGP2645.jpg
↑ 白岩川河口 (防波堤は東側に付いてはいるものの、津波が来る方向(船が見えています)は開いている。)


さらに河口から、次の動画のように津波が白岩川をさかのぼってくる可能性があります。

動画での津波、結構スピードが速いですね。白岩川河口から水橋中学校まで1〜2分だと思います。
地震発生から計7〜8分ですね。

*****************

「津波は地震発生後、あっという間にやってくる」ことがわかりましたか??
速やかな避難が求められます。

もし、大きな地震が起きたら、落下物や倒壊物に注意しながら、
速やかに小中学校など鉄筋の建物の上層階に逃げてください。
なぜ1階はだめかというと、次の動画を見れば理由がわかることでしょう。


(動画はちょっと極端な例でしたが・・・・)

水橋は標高が低いので、津波に弱い地区です。
実際、去年水橋で津波を想定した防災訓練が行われました。

**********

この記事では、私のおおざっぱな予想を書きました。勘違いがあるかもしれません。
本当はどうなるのか、その道の専門家の意見をお聞きしたいところです。
posted by ごっしー at 19:25| 富山 | Comment(2) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

火山噴火の瞬間を撮影できたのはいいけれど・・・

逃げた方がいいと思うよ!!
この後噴石が降ってくるんじゃないかなー?



↑ 動画に登場したのはドイツ人さんです。ドイツには火山が無いからなぁー。ドイツ国外・・・海外旅行中ですね。

***************
噴石が頭に当たったら痛いどころでは済まされない・・・・

yarareta.jpg
↑ 噴石によって屋根がボコボコになった建物(北海道有珠山西山火口付近にて)

IMGP2558.jpg
↑ 100kgはありそうな火山弾・・・頭に当たったらアウト。(伊豆大島三原山火口付近にて)

asaohinan.jpg

↑ 噴石からの避難所(阿蘇山中岳火口付近にて)

************


↑ 現在活動中の新燃岳(昼)・・・・バンバン噴石が落ちてきています。
 火口から距離を考えると、近くの小学校は危ないんじゃないかな。



↑ 現在活動中の新燃岳(夜)・・・・火山噴火は昼も夜も関係無し・・・赤い噴石が降ってく〜る。

posted by ごっしー at 07:29| 富山 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

空気の振動、空振でガラスが多数割れる

現在、火山活動中の新燃岳です。



↑ こういう火山災害もあるんですね。
 音のエネルギーがガラスを割ったということです。
 音といっても、空振は、人が聞くことができない音、低周波音。
 人が聞くことができる最も低い音(周波数20ヘルツ)よりもさらに低い音です。

 割れたガラスでの怪我が無いように・・・・。


Wikipediaより引用
空振(くうしん)は、火山の噴火などに伴って発生する空気の振動のうち、人間の耳で直接聞くことが難しいもの。人間の耳に聞こえる振動は爆発音と呼ばれる。
火山が爆発的な噴火を起こすとき、火口において急激な気圧変化による空気の振動が発生し衝撃波となって空気中を伝播することがある。火口から離れるに従って減衰し音波となるが、瞬間的な低周波音であるため人間の耳で直接聞くことは難しい。空振が通過する際に建物の窓や壁を揺らし、窓ガラスが破損するなどの被害が発生することもある。
爆発的な噴火を起こす桜島や浅間山などにおいてしばしば観測されており、主な火山の周囲には空振の大きさを測定するための空振計が設置されている。
大きな空振は遠く離れた場所で観測されることもあり、1980年の米国のセント・ヘレンズ山、1991年のフィリピンのピナトゥボ山の噴火による空振は日本の観測機器でも記録された。また、2004年の浅間山噴火による空振は全国規模で気象庁の空振計に記録された。
posted by ごっしー at 20:42| 富山 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

インドネシアの火山・・・この雲のようなものは・・・

インドネシアには火山が数多くあります。


↑うーん。これは火砕流ですね。
高温のため、巻き込まれると肺が焼きだだれてしまいます。

ムラピ(メラピ)火山では火砕流が過去に数多く発生しています。
メラピ型火砕流という言葉もあります。

写真を見て、日本の雲仙普賢岳の噴火と似ていると思いました。



過去記事:
インドネシア、火山災害で最も恐ろしい「火砕流」発生
プレートが衝突!! インドネシアは世界一の火山大国

メラピ火山の場所(Google Map)
posted by ごっしー at 20:29| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

太陽のプロミネンス





太陽の表面です。紅炎(プロミネンス)が見えます。

地球の直径が太陽の109分の1ということを考えると、非常に大きい炎です。

446711main_fulldiskmulticolor_800-600.jpg
Credit: NASA/GSFC/AIA


↓こちらは別衛星からの画像です。
CME_EIT_C2_2002_prev.jpg
Credit:SOHO (ESA & NASA)

太陽が、自ら光や熱を出す星=恒星であることが実感できますね。
posted by ごっしー at 00:33| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする