2011年05月06日

旅の終わりに

今回の東北旅行のテーマは3つありました。

<震災>
・津波と放射線物質による汚染による被害が広い範囲に及んでいることを実感することができました。
 ボランティア活動はできませんでした。観光客としてわずかながらお金を東北地方に置いてきました。
_IGP4090_.jpg


<日本の先端技術>
・最新の新幹線車両「E5系=はやぶさ」と電気自動車「日産リーフ」に乗車しました。
 日本がもつ高い技術レベルを感じました。
_IGP4009.jpg

<桜>
・桜の名所、弘前と角館に行ってきました。どちらも素晴らしかったです。
 桜は人の笑顔を生み、人の心を優しくしてくれる力をもった花だと思いました。 
20110505-_IGP4916.jpg

今回の旅の記事にはあまり詳しい解説文をつけていません。
ですが、写真を見てもらって何か感じてもらえればと思います。

********

カテゴリー 2011東北旅行を読む

旅の最初の記事から読む
posted by ごっしー at 00:30| 富山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再び放射線測定

帰りの東北新幹線でも車内の放射線を測定しました。

仙台駅から測定を開始。
1時間あたり0.10〜0.12マイクロシーベルトという値でずっと安定していました。
ところが福島駅到着前に値が上昇・・・・
2011-05-05_2254.png
0.20マイクロシーベルトになりました。
福島駅構内も0.20マイクロシーベルトです。

その後0.10に値が下がったものの、
郡山駅直前で0.41マイクロシーベルトを記録しました。
これは富山や仙台など他の場所の約4倍の値です。

新幹線で通過する分は健康上問題ありません。

津波同様、放射性物質もずいぶん広い範囲に広がっているんだなと実感しました。
もちろんこんなこと日本の歴史上初めてのことです。



posted by ごっしー at 00:18| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

石割桜

盛岡に戻ってきて石割桜を見に行きました。

20110505-DSC03942.jpg
石を割った桜だから石割桜(いしわりざくら)です。

20110505-DSC03943.jpg
種子から成長するときの力で石を割ったと考えられています。
本当だとするとすごいですね。

posted by ごっしー at 23:55| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

角館散歩

しだれ桜で有名な角館ですが、河川敷にソメイヨシノが2kmも並んでいます。

20110505-_IGP4963.jpg
メジロが飛び回ってミツを吸っていました。可愛らしい。

20110505-_IGP4944.jpg
東北地方には、何か人の心をほっとさせるような風景がたくさんありました。
posted by ごっしー at 23:48| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

角館のしだれ桜

秋田県の桜の名所です。

江戸時代からのしだれ桜の巨木がたくさんありました。
町の方は土壌や栄養などに気をつけてきれいな花を咲かせる努力をしておられるそうです。
おかげさまできれいな桜を楽しむことができました。

20110505-_IGP4998.jpg

20110505-_IGP4916.jpg

20110505-_IGP4922.jpg

20110505-_IGP4926.jpg

20110505-_IGP4927.jpg

20110505-_IGP5099.jpg
posted by ごっしー at 23:39| 富山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

腰の強い麺

DSC03909.jpg
今日は盛岡で泊まります。
東北地方内陸部は、津波の後、ガソリンなど物資不足に悩みました。今は大丈夫です。

DSC03904.jpg
盛岡冷麺

DSC03905.jpg
メンの腰が強くて最初はなかなかかみ切ることができない。
強引に理科っぽく考えると・・・・
デンプン分子のクサリが複雑にからみ合っているから切れにくいのかな?
腰の強いメン+キムチ味って感じの冷麺でした。

震災で食事に困っておられる方のことを考えると複雑な気持ちになりました。
東北地方のために観光客としてわずかながらお金を置いていきます。
posted by ごっしー at 23:32| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はやぶさ、新青森→盛岡

はやぶさは、まだ一日2往復しかしていません。
そのようなはやぶさ号と何回か出会うために旅行プランがかなり考えられています。

てなわけで出会いはこれで4回目・・・・
正直、写真を撮りきっちゃった感がありますが、でもやはり先頭車の形を見るとすごいと思います。



_IGP4791.jpg
新青森駅でも大人気!! はやぶさと一緒に記念撮影する子供たち、大人たちも。

DSC03899.jpg

運転手さん、よろしくお願いします。

_IGP4803.jpg
先頭車は鼻が長くできている(ロングノーズ)ので、座席が少なくなっています。定員(普通車、東京側)は29名と少ない。

新幹線「はやて」に比べるとやはり乗り心地が良かったです。

DSC03901__.jpg
盛岡下車、これが見納め。

posted by ごっしー at 23:17| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リンゴ→リンゴ酒→リンゴ酢

新青森駅、おみやげ販売コーナーでリンゴ酢の試飲をしました。
酸っぱいけどハチミツで味付けしてあって、トータルではとてもおいしかったです。

DSC03896.jpg


店の方とあれこれ話をするのがおもしろかったです。

リンゴをすり下ろしたものを発酵させ、まずアルコールをつくるそうです。
酒造りの免許が必要なんだそうです。
さらに180日間発酵させ、酢にしていくそうです。

http://www.ringosu.com/knowledge/process.htm
(リンゴ酢を製造しているカネショウさんのサイト)

人の体の肝臓は、アルコール(酒)を酵素で分解して最後は酢酸(酢)にするので、
似ていると思いました。

青森県はリンゴの産地。特産物にさらに手を加え工夫して商品化していると思いました。
posted by ごっしー at 22:44| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そして散る

弘前城では、外堀の桜が散り始め。
弘前の桜は花が密集しているので、ちょっと散っても水面がすごいことになります。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、下側白く見えるのは全て散った桜の花びらです。
これはこれできれい。観光客のみなさんは見て楽しんでいました。

_IGP4758.jpg
posted by ごっしー at 21:22| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつもと違う桜

ソメイヨシノ以外の桜です。
弘前城植物園で撮影・・・・なかなか楽しめました。

_IGP4684.JPG_IGP4686.jpg_IGP4640.jpg_IGP4692.jpg_IGP4663.jpg
posted by ごっしー at 21:18| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弘前城公園のソメイヨシノ

弘前の桜祭り・・・日本一の集客を誇ります。
今度は昼に行ってきました。
_IGP4562.jpg

_IGP4578.jpg

_IGP4628.jpg

_IGP4713.jpg

満開の木と散り始めの木が混ざっていました。
posted by ごっしー at 20:56| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弘前桜まつり

生まれて初めて夜桜を撮影しました。
いろいろ工夫しました。

昼みたい写真になったものもあるな。
まだまだ撮影の腕前が足りません。


_IGP4420.jpg

_IGP4495.jpg

_IGP4447.jpg




posted by ごっしー at 02:37| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はやぶさ通過



ものすごいスピードです。

そしてものすごい迫力です。風がぼん!!とあたり、怖さを感じました。
爆走しているように見えますが、乗るととてもゆれが少なく、快適です。
別の新幹線車両と乗り心地を比べるとよくわかります。

はやぶさは、アクティブサスペンションという技術を使っています。

******

_IGP4357.jpg
青森県に入りました。
posted by ごっしー at 02:15| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何も排出しない車・・・ゼロエミッション

DSC03812.jpg
仙台でのレンタカーは、電気自動車=日産リーフを選びました。

DSC03747.jpg
レンタカー屋さんは、「80%充電しており、160km走ることができます。」
と教えてくれました。
いろいろ走って、レンタカーを返すまでぎりぎりの電気使用でした。
電池で動く大きな家電!?


改善してほしいこと
・一回の充電で走ることができる距離がまだ少ない。

・走行音がものすごく小さいので、歩行者が気付かない。
 → 人工エンジン音を開発している会社あり。


良い点
・加速は素晴らしく、ギュイーンとスピードアップしていきます。

↑ 加速のときの電気モーター音が聞こえます。

・排気ガス無し。地球温暖化ガスも出ない。クリーンだ!!
 ゼロエミッション・・・・エミッションは「放出」という意味です。
_IGP434_.jpg

 したがって排気ガスの出口=マフラーはありません。
posted by ごっしー at 02:09| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台に帰る道

松島海岸から仙台まで行く道で・・・・・
塩竃市や多賀城市を通りました。

20110503-DSC03872_.jpg
車がよけて通っていました。

20110503-_IGP4341.jpg
川沿いがやられていました。

20110503-_IGP4342.jpg
白く見えるのは、ガラスが抜けたあとです。
posted by ごっしー at 01:57| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かっぱえびせんをゲット

震災ボランティアができなかった私はやや複雑な気持ちになりましたが、
松島海岸に観光に行くことにしました。

松島海岸も津波の被害にあい、中小型船での遊覧ができません。
それでも少しでも多くの観光客が来てくれるよう地元の方は願っているのです。

大型船は運行が再開されたのでこれに乗ることにしました。

松島海岸は島や半島、入り江がたくさんある風景の良さが売り物です。
_IGP4117_.jpg
この地形は土地の多くが海面下に沈んでできたものです。


でも鳥(ウミネコ)にかっぱえびせんをあげるのがおもしろすぎて、ほとんど風景を見ていませんでした。
遊覧船内でかっぱえびせんが売られています。(鳥にあげる用)

_IGP4130.jpg
えびせんの方をよーく見ています。

20110503-_IGP4138.jpg
ねらったえびせんは確実につまんでいきます。


距離をつかむのがとてもうまい!!


↑ えびせん3本だとどうなる?


↑ 試しに投げてみたのですが、しっかりとキャッチ!!
素晴らしい!!

_IGP4199_.jpg
それは、えびせんじゃありませんよ!! 指ですよ!!(笑)


_IGP4223.jpg
飛行機のようです。風を利用して飛んでいます。

_IGP4261.jpg
えびせんのおかげで近くから鳥を撮影できました。


posted by ごっしー at 01:56| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東北震災復興ボランティアのため用意したもの

震災の地方では、家の泥かきや掃除を中心にボランティア活動が行われています。
私も何かお役にたてることはないかな?

現地ではほこりがすごい所があり、
感染性胃腸炎がはやるなど、衛生状態がよろしくありません。

そこで防じんマスク、目を保護するゴーグルをもってくるように
ボランティアセンターさんのホームページに書いてあります。

ゴーグルは意外と安く、ホームセンターで200円しませんでした。

宮城県で県外からのボランティアを受け入れている場所はわずかです。今日はその場所に受け付けの1時間前に到着しました。先着順にできるかどうか決まるからです。
でもその時間すでにものすごい人数の列・・・・・・・・・
テント泊の気合いの入ったボランティアさんが朝の4時ごろから並んでいるそうです。

・・・・結局ボランティア活動をあきらめました。
ゴーグルや長靴、カッパなど用意していたものを宅急便で富山に送り返しました。(泣)

posted by ごっしー at 01:32| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きれいになっていた仙台空港

DSC03804.jpg
建物の中には入ってないのですが、空港の外周りはとてもきれいになっていました。
津波に飲み込まれた所とは思えません。
自衛隊や各国のみなさんがとてもがんばって復旧作業をなさった結果だと思います。
「ヒトの力はすごい!」

その中で見つけた津波の痕跡・・・・・
DSC03810.jpg
↑ 木の表面が津波にはぎ取られた? でももっと泥だらけの切断面になると思うんだが・・・・・
 痕跡かどうか自信なし。

DSC03808.jpg
↑ 先の木のすぐそばの木
 茶色い横に走ったキズが走っている。これこそ津波のひっかき傷?


 相当高い所にも付いている。人の身長を超えていますね。

DSC03816.jpg
↑ この横じまは、津波によるものに間違いないと思う。


DSC03820.jpg
↑ 空港関連のもの
 まだ片付けきってないものもあり。
posted by ごっしー at 01:21| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

壊滅状態の中、学校だけが残っている!

水中も海岸近くの学校ですね。
水中で将来行う津波の避難訓練ではどこに逃げればよいか考える必要があります。
これはひょっとしたら水中のみなさんの命に関わることになるかもしれません。

仙台市で津波に襲われたある学校を訪ねることにしました。
海岸近くの学校が津波でどれぐらい被害にあったかこの目で見たかったからです。


20110503-DSC03754.jpg
海岸近くが壊滅状態の中・・・・・

20110503-_IGP4113.jpg
その学校は・・・・・



倒れていませんでした。


DSC03782.jpg
1階の教室は流された車などが突っ込んできてめっちゃめちゃになっていましたが、3階以上なら大丈夫そうです。


よく言われる・・・「津波のとき、鉄筋の建物の3階以上に逃げなさい」は、この地方では正しかったと思います。

(※ 陸前高田市では鉄筋4階でもやられてしまったようです。波のエネルギーが集中するリアス式海岸の入り江がある所は例外と考える必要があるようです。)
posted by ごっしー at 01:07| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台市海岸部は津波で壊滅


↑ 仙台平野の海岸部です。全てが破壊されたエリアです。多くの方が亡くなっている所なので、気分が自然に重くなります。ですが、理科教師たるもの自然の力の恐ろしさも知らせる必要があるのでは?と思い、ここに紹介します。

DSC03790.jpg
↑ 名取川河口近くにやってきました。
ここはNHKの衝撃的な生放送で有名になりました。

ヘリコプターから撮影された仙台平野を飲み込む津波の映像がありましたね。

DSC03787.jpg
↑ あのヘリからの映像で、この橋が写っています。警察官の方が橋の上に立っていました。
それにしても船がここまで流されてくるとは・・・。津波の威力がわかります。

DSC03785.jpg
↑ ガソリンスタンド
 建物の骨組みは残っているけれど、設備は・・・・・・・・・・・・。

20110503-DSC03796.jpg
↑ この盛り土の高速道路が津波をほとんど止めました。高速道路の東側と西側では全く風景が違います。
posted by ごっしー at 00:36| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東北旅行 2011 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする