2007年10月09日

大やけど→皮膚をもらって移植。誰から皮膚をもらうって?

それはやけどをした人自身からです。

株式会社ジャパン・テッシュ・エンジニアリングでは、
ヒトの皮膚の表面の組織=表皮組織の培養ビジネスを始めました。

お客さんの1cm2程度の正常な皮膚組織から、約2週間で1千cm2を超える表皮シートを作製してしまうそうです。
http://www.jpte.co.jp/technologies/cultured_epidermis.html
言葉を変えると、自分の皮膚をこの会社に預けると、約2週間で1000倍の面積に育ててくれるということなのです。すご〜い!!

それにしてもすごい時代になりました。

元は自分の体のものなので、移植しても拒絶反応は少ないそうです。

この会社では同様に、軟骨の組織や目の角膜の表皮組織なども培養しています。


情報源:THE NIKKEI WEEKLY 2007年10月8日号
参考サイト:http://www.jpte.co.jp/technologies/index.html


posted by ごっしー at 21:22| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。