2007年08月07日

まあるい動物を見ると、なぜか和みます


↑旭山動物園の目玉であるマリンウェイです。
ここを行き来するアザラシを見ると何か癒し(いやし)を感じます。
ブームになった「タマちゃん」を思い出しました。

<動画準備中>
↑アザラシは、水中に戻ったほ乳類。水の抵抗を少なくするためになめらかな外形に進化しています。足は退化していきました。

まるーく肥えているのは体内脂肪のため。前のホッキョクグマやペンギンの記事でも述べましたが、厳しい寒さや絶食状態に耐え抜くために分厚い脂肪があるのです。

人は丸めの動物を見て、「かわいい!」と思ったり、和みを感じます。
でもその動物が丸くなったのは厳しい自然の世界で生き抜くためなのです。

旭山動物園、あざらし館にて


posted by ごっしー at 10:27| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道旅行 2004,2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。