2007年08月07日

絶滅寸前のアムールヒョウと日本の木材輸入

P1030110_exposure_.jpg
↑野生では全世界で30頭ほどしか生存していないそうです。
毛皮目的の密猟や森林減少が原因のため、数がここまで減ってしまいました。

アムールヒョウがすむロシア極東地方は、海をはさんで日本の対岸。
日本に輸出される木がここでばっさばっさと切られ、アムールヒョウはすみ場所を失っていってしまった・・・という図式です。

そのようなわけで、私たち日本人は、アムールヒョウ絶滅の原因を、知らないうちに作っているのかもしれません。


CA330223.jpg
↑こちらはユキヒョウ。
やはり密猟が絶えないそうです。

旭山動物園、もうじゅう館にて

P1030017_exposure.jpg
↑百獣の王=ライオン一家
 ママごろり、ボクごろり、パパごろり

2007-08-07 10-53-29_0410_exposure.jpg

↑毛づくろい中



posted by ごっしー at 11:51| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道旅行 2004,2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
触ってもいいんですか?

人がこれを着てるんですね。
不思議な気分です。
もちろん私は持っていませんが。。。笑
Posted by ハッチ at 2007年08月07日 21:36

猛獣ですからさすがに触っている人はいませんでしたね。ペンギンのところでは、つつかれるから手を出さないでくださいと係員さんが言っていました。

こういうのを見ると、動物の毛皮のコートって何なんだろうと思ったり。不思議な気分。
Posted by ごっしー at 2007年08月08日 09:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。