2007年08月05日

ヒグマのつめあと

2007-08-05 09-11-24_0127_exposure.jpg
↑クマに会わないように、カランコロンと鈴を鳴らしながら知床の原生林に入りました。
気持ちよい森林浴でした。

P1020912_exposure.jpg

P1020914_exposure.jpg
↑写真はそのときに見たクマの爪あと。
木登りをしたときにできたものだそうです。

クマがいるということは、その森が豊かであることの証拠だそうです。

C.W.ニコルさんは、日本にはヒグマとツキノワグマという2種類のクマがいて素晴らしいと話したそうです。
P1030143_exposure.JPG

イギリスには熊がおらず、あの広大なアメリカでさえ2種類しかいないそうです。

このように、知床五湖のガイドさんは話しておられました。

そういえば、富山でもクマがでますね。自然豊かな証拠かな?



posted by ごっしー at 20:36| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道旅行 2004,2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。