2014年08月08日

植物工場の時代




<1日1万株の野菜を生産する国内最大級の植物工場>

この会社(株式会社みらい)のものは全国25カ所以上に導入されており、モンゴルに建てられたものは、テレビ番組で紹介されていました。
http://miraigroup.jp


植物工場のメリットは、
台風などでの害がない。気象条件を完全にコントロール。
虫がつかないので、無農薬。
積み重ねができるので、単位面積あたりの収量が多い。
水の消費量がすごく少ない。

などだそうです。
光源に消費電力の少ない高輝度LEDを使っています。普通の電球では電気代がかかってうまくいかないことでしょう。
建築の初期費用と維持費などが採算にのるかでしょうね。
ビジネスとして動きはじめ、生産された野菜がすでに店で販売されています。

中国でどんどん植物工場がつくられているという別のニュースも見ました。
価格は高いが、無農薬で安全な野菜が販売されることになり、売れているとのこと。
posted by ごっしー at 11:51| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。