2013年08月14日

小田急線に落雷・・・乗客は無事

私鉄電車に落雷しました。動画で撮影されています。

1分20秒で落雷
乗客の多くは落雷と気付かなかったようです。

雷が落ちても本当に車内では安全か調べた実験

3分40秒で落雷(人工放電)
http://gigazine.net/news/20070312_car_lightning/

ボディーは金属なので、人体より電流が流れる(電気抵抗が小さい)。
人体は非金属なので、金属よりは電気が流れにくい(電気抵抗が大きい)ので流れない!!
という理屈なんですが、それにしても後半の実験は、命がかかっているような気がして怖い!!

非金属のタイヤはパンクしたそうです。
車と地面の間は金属がないので、
そこは仕方なく電流が非金属のゴムに流れたんでしょうか?
それとも、空中を放電したときの熱でこげちゃったんでしょうか?
posted by ごっしー at 18:48| 富山 | Comment(0) | TrackBack(0) | 物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。