2013年02月26日

呉羽山断層の地震はマグニチュード7.4、最大震度7

授業では、呉羽山断層が引き起こすであろう地震について説明しました。

最新の富山市地域防災計画によると・・・・
この地震は、
マグニチュード7.4、最大震度7
です。
また、予想死者数が以前のものよりもかなり多めに見直されていました。
発生する津波は5.4mだそうです。
やはり、鉄筋の建物の3階以上まで避難したいところです。
津波は、富山市水橋の海岸まで地震発生から2分以内でやってきます。
海岸近くで地震を感じたら、その後の津波に備えてすぐ避難しましょう。

参考:本日のNHKローカルニュース「ニュース富山人」より
北日本新聞の記事へのリンク


posted by ごっしー at 19:19| 富山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
下の子供が海のそばの学校の寮にいるから、津波が来たら、かなり心配...
Posted by 涼○父 at 2013年02月27日 17:53
富山湾の津波は、とても早く到達します。
最近の発表では、富山市で1分で到達・・・ということなので・・・
すでにご存じのことと思いますが、
鉄筋コンクリートの建物の上層階に逃げる必要があります。
Posted by ごっしー at 2013年04月01日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。