2007年01月08日

銀河も衝突する

large_web.jpg
Credit:NASA and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA)

左側の銀河NGC 2207の重力に右側の銀河IC 2163が捕らえられました。
10億年後には2つが合わさって、一つの銀河になるそうです。

そして他でもない、私達が住む銀河系に隣のアンドロメダ銀河M31が秒速300kmで接近中!そして衝突!

衝突は30億年後ですが・・・・。
そのころまで人類が生き延びていれば、今とは違った形に進化していることでしょう。


参考:
http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/galaxy/1999/41/image/a/
http://www.astroarts.co.jp/news/1999/11/991105hst-galaxy/index-j.shtml


posted by ごっしー at 00:30| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 天体&宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10億年後ですかぁ〜〜〜・・・・・・・・  きが遠くなりますねぇ            でも銀河が1つになるということはいままで読んでいた名前も1つになるんでしょうか??   どちらの名前が取り上げられるんでしょうか??教えてください。

30億年後の衝突についてですが、衝突すると地球は消えてなくなるのですか?宇宙はよくわかんないなぁ・・・・
質問のことはよろしくお願いします。 
Posted by 理科大好き」 at 2007年01月14日 17:26
・どうなんでしょうね。これまでそんなふうに名前が変わった例がないんで。でも合体してもやはり今までどおり「銀河系」と呼ばれるような気がする。「拡大銀河系」とか(答えの根拠なし)

・アンドロメダ銀河は4000億個の恒星からできています。ですから、これが銀河系にぶつかって来るということは、太陽みたい燃える星が4000億個やってくるというすごくスケールがでっかい話。
でも、銀河の中では一個一個の恒星は数光年という距離で離れているので、結構すかすかな空間。
そのようなわけで、アンドロメダ銀河をつくっている恒星が地球にぶつかる確率はかなり低いんじゃないかな?
むしろ、30億年後までに人類が隕石にやられてしまう可能性が高いと思う。
恐竜が絶滅したきっかけとなったとされる巨大隕石は2.5億年前に落ちたもの。
だからあと30億年の間には何回か大隕石が落ちて来そうな気がするのです。

映画アルマゲドンのように核爆弾で隕石を爆破しますか?
Posted by ごっしー at 2007年01月15日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

小学生の頃は、理科が好きだったような気がするのですが・・・☆
Excerpt: 文系なもので、理科には苦手意識があります。でも、小学生の頃は、理科が大好きだったように思えるのです、ある番組を見ていてですが。その番組とは、ネプチューンが毎週火曜日の深夜23:55??24:25にやっ..
Weblog: ブログの杜??お気に入りブログのBlog☆??
Tracked: 2007-01-13 17:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。