2003年07月04日

プロペラ滞空時間競争測定会



選択理科では回転しながら落下する機体を作っています。滞空時間を伸ばすために工夫をいろいろしてもらうことがねらいの一つです。今日は1年生の測定会でした。外は強風のため、体育館で測定しました。

1位は研究を重ねたM君でした。M君の家に家庭訪問に行くと、研究に使った機体が並んでいました。
やはり、工夫を重ねた機体は好成績を出していました。

1年成績 
おめでとう!
































1位 3組 Mくん 7秒32
2位 3組 Dくん 6秒87
3位 2組 Wくん 6秒27
4位 1組 SA○○○くん 5秒77
5位 1組 SE○くん 5秒50

ちなみに速い機体は2秒ほどで落下してしまいます。
posted by ごっしー at 23:22| Comment(0) | 物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。