2006年09月30日

豆腐作り

P1030036_.JPG
↑豆乳が70℃になったところで「にがり」を入れました。

にがりは豆腐を固めるために使われます。成分は塩化カルシウムで、海水から作られるようです。豆乳のたんぱく質と化学反応をおこしているんでしょう。

ちなみにポカリスエットの中にも塩化カルシウムが入っているので、これを使って豆腐を作ったすごい方がおられました。
http://portal.nifty.com/koneta05/03/19/02/


↑やや固まった状態。カキタマ汁のよう。この木枠で水を抜きながらさらに固めます。何か和紙作りに似ていないかい?


↑ひっくり返して・・・・っとー。崩れそうでちょっと怖い。


P1030115_.JPG


固まりぐあいはちょっとした条件の違いでかなり変わるようです。

醤油をかけて食べました。

夏休みに自分で作った東中生もいました。
本やインターネットでの調べ学習だけでなく、自分で挑戦して体験してみることはとても大切なことです。

体験して初めてわかることってありますよね。



posted by ごっしー at 12:47| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東中の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。