2006年08月02日

テープを「むんず」と引っ張り出す。

第一音楽室のビデオデッキが壊れた(中に入っているビデオテープが出てこないふらふら)と、M先生の報告を受けました。そこで修理を試みました。(結果として直りました。)

プラスドライバーでねじ2本を取って、上ぶたをはぐると中身はこの通り。



VHSビデオデッキでは、ビデオカセット本体の中から細長いテープを「むんず」と引っ張り出して、回転ヘッドに押し当てています。知っていたかな?(動画で、左側の銀色で円柱状のものが回転ヘッドです。くるくる回っています。)

この回転ヘッドは、テープに記録された磁気情報を電気信号に変える部品です。
この回転ヘッドにテープを斜めに押し当ててヘリカルスキャンという読み取り方をしています。

もし、あなたのお父さん、お母さんが理解ある方でしたら、許可をもらってから家にあるビデオデッキの上ぶたをはぐってみましょう。ふたをはぐるだけでは壊れません。同じ理科のK先生もはぐった経験があるそうです。結構おもしろいですよ。


posted by ごっしー at 19:03| 富山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。