2006年07月16日

神岡地下探検6

・亜鉛の鉱物が鉱山の壁のあちらこちらに見え、きらきらと輝いています。
・鉱石採取体験コーナーがあり、おみやげにとみんな楽しく探していました。



・神岡鉱山は今では閉山していますが、かつて亜鉛は最も重要な産物でした。
・この鉱山では、亜鉛と鉛と、銀が採れたそうです。
・亜鉛は車のさび止め、鉛は車のバッテリーに使われます。
・聞いてみたのですが、銀は掘り出されるとき、糸状になっているそうです。やはり輝いているそうです。


posted by ごっしー at 22:31| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東中の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。