2006年07月16日

神岡地下探検3

・スーパーカミオカンデは50000トンの超純水を蓄えたタンクと、その内壁にある11200本の光電子増倍管からできています。
・太陽から光の速さでやってきたニュートリノは、1km近くの山の岩盤を通り抜け、このタンクに入ってきます。
・ニュートリノがタンク内で発した弱い光を光電子増倍管が検知するのです。
・光電子増倍管は、手作り製で、1本30万円します。月面で懐中電灯を照らしても地球上でその弱い光を検知できるほど高感度なんだそうです。



・ニュートリノは何でも通り抜けてしまう性質があり、私たちの体も知らないうちに通過しています。
・ニュートリノは、現在わかっている範囲では、世界一小さいものです。

参考
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%87


posted by ごっしー at 22:15| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東中の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。