2006年07月16日

神岡、地下探検に行ってきました

東中生9人と行ってきました。

閉会式のD君の話にもあったように

1:自然の不思議さ(年月をかけて鉱物ができるということ)
2:人の力の素晴らしさ(総延長1300kmという坑道を掘ったり、最先端のニュートリノの研究をしてしまうこと)

を味わってきました。

やはり体験は大切です。
夏休み、みなさんもチャンスがあればいろいろな場所に足を運び、実際に体験してみてください。

神通ライオンズクラブ、GSA実行委員会、スーパーカミオカンデ、カムランドの皆様方、説明していただいた富山市天文台の渡辺先生、ありがとうございました。


posted by ごっしー at 18:26| 富山 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 東中の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: カムランドカムランド (KamLAND)はニュートリノの観測装置。カミオカンデの跡地につくられた。カミオカンデやスーパーカミオカンデとは違った検出方法により、より低いエネルギーのニュートリノを検出する..
Weblog: 天文・宇宙を知る
Tracked: 2007-07-27 10:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。