2006年06月10日

体重150kgでも浮きます

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060609-00000504-yom-spo

琴欧州など、お相撲さんがイスラエルの死海で観光。
浮き輪も何もなく、力士がプカプカ水に浮いて楽しんでいます。

この湖で、人は沈むことが困難です。(笑)

水に浮きながら本を読むことができます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Dead_sea_newspaper.jpg
体験してみたい姿勢ですね。

なぜこのように浮かせる力が強いかというと、この湖は通常より海の塩分濃度が10倍高いからです。濃度は35%だそうです。

家の風呂に大量の塩を溶かすと同じことが体験できるのでは????
・・・・と考え、いったい何gの水を家庭用浴槽に溶かせば、死海と同じ濃度になるか計算してみました。



350リットルの家庭用浴槽で計算していくと・・・・

私の計算だとざっと100kgになります。これだけの量の塩を買ってきて家の風呂に入れれば、誰でもプカプカ体験!
でもこれだけの塩の値段、高い。もう少し安くなりませんかね。

富山県外にはいくつか死海体験施設があります。
http://yukkuland.naganoken.jp/index2.html
http://www.sisuitei.com/yuyu/index.html

富山県内では滑川市に将来、プカプカ浮遊施設が作られるかもしれません。(富山湾の深層水を濃縮するようです。)
http://www.pref.toyama.jp/branches/1133/derukui/vol200310/46.htm
http://www.pukapuka.thalassopia.com/index.shtml

参考
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E6%B5%B7


posted by ごっしー at 08:56| 富山 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
入るときは擦り傷などの点検をしなければいけませんね。
かなりの濃度ですがからかなりしみるでしょうね(笑)
Posted by ミニディスク at 2006年06月10日 10:05
そうですね。けがしたら、アウツです。
クラゲに刺されようものなら・・・・

というか、この湖、魚一匹いません。クラゲもいません。水があまりにもしょっぱすぎるんです。だから「死海」=デッド・シーです。

これから、総合学習の準備のため科学文化センターに30分!?ほど行ってくる予定です。何のためかはまだ内緒。
Posted by ごっしー at 2006年06月10日 10:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。