2011年02月01日

空気の振動、空振でガラスが多数割れる

現在、火山活動中の新燃岳です。



↑ こういう火山災害もあるんですね。
 音のエネルギーがガラスを割ったということです。
 音といっても、空振は、人が聞くことができない音、低周波音。
 人が聞くことができる最も低い音(周波数20ヘルツ)よりもさらに低い音です。

 割れたガラスでの怪我が無いように・・・・。


Wikipediaより引用
空振(くうしん)は、火山の噴火などに伴って発生する空気の振動のうち、人間の耳で直接聞くことが難しいもの。人間の耳に聞こえる振動は爆発音と呼ばれる。
火山が爆発的な噴火を起こすとき、火口において急激な気圧変化による空気の振動が発生し衝撃波となって空気中を伝播することがある。火口から離れるに従って減衰し音波となるが、瞬間的な低周波音であるため人間の耳で直接聞くことは難しい。空振が通過する際に建物の窓や壁を揺らし、窓ガラスが破損するなどの被害が発生することもある。
爆発的な噴火を起こす桜島や浅間山などにおいてしばしば観測されており、主な火山の周囲には空振の大きさを測定するための空振計が設置されている。
大きな空振は遠く離れた場所で観測されることもあり、1980年の米国のセント・ヘレンズ山、1991年のフィリピンのピナトゥボ山の噴火による空振は日本の観測機器でも記録された。また、2004年の浅間山噴火による空振は全国規模で気象庁の空振計に記録された。


posted by ごっしー at 20:42| 富山 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 地球科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立山が噴火したらどうなるんよ??
Posted by 水中生 at 2011年02月02日 19:52
立山はこれまで火山噴火してきています。
もし、将来噴火したならばの話ですが・・・

富山市は風上側になるので、火山灰はあまり降ってこないのではと思います。(立山側からの風=東よりの風はあまり吹かない。)

火口の場所や季節次第ですが、火山灰や雪解け水が混ざった泥流がどっと富山平野に押し寄せてくるかもしれません。ダムでそれを防ぎきれるかどうかは専門家でないのでちょっとわかりません。
Posted by ごっしー at 2011年02月03日 23:04
でも火山の音みたいなのでガラス割れるってことは僕が出すような音でも割れるのかな?教えて先生。
Posted by by水中2年 at 2011年02月05日 19:48
空振って音みたいなのですか?音でガラスが割れるってすごいとおもいますよ!
Posted by 水中生 at 2011年02月05日 19:50
空振は、私も感じたことがありませんが、耳で聞くことはできないそうです。

でも、空気の振動だから、耳で感じ取ることができなくても
、体は押された感じを受けるのではないかと思います。
(強い空振の場合ですが)
Posted by ごっしー at 2011年02月06日 20:03
では、
声でワイングラスを割ってしまう動画を紹介した記事を一本書きました。
Posted by ごっしー at 2011年02月06日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。