2010年11月30日

55%が自転車通勤するコペンハーゲン



コペンハーゲンはデンマークの首都です。
市内の通勤者の55%が自転車通勤とはものすごい値です。日本の首都=東京ではありえません。

去年、コペンハーゲンに行ってきたのですが、とにかく自転車が当たり前のエコな都市でした。
デンマーク市民は自動車を買えないわけじゃない・・・・。でも自転車の方を使っている・・・。
環境に対する意識では、日本の数歩先を行っています。

以下は、そのときの過去記事です。

*************

コペンハーゲンの土地は、とても平らです。
アップダウンがほとんどありません。
そのこともあって一般道では、自転車乗り市民が多い・・・。


↑コペンハーゲンの中心街ストロイエのアマートゥ(Amagertorv)広場です。ここは自転車だらけ。
東京でいうと銀座通りのような場所。

P1030910.jpg
↑東京の銀座2丁目の写真ですが、自転車は全く見えませんねぇ。


自転車を使うということは、ガソリンを使わないということで、地球に優しい生活を市民が実践しているということだと思います。


The Green Wave in Copenhagen from Copenhagenize on Vimeo.


↑市民のみなさんはハイスピードでかっとんでいました。この動画を見ると様子がわかると思います。
道路でぼーっとしていると、すぐ自転車にぶつかりそうになります。何せ次から次へと自転車がやってくるのです。

以下、Wikipediより引用

自転車
デンマークでは真面目に考えられている交通手段でありコペンハーゲンでも例外ではない(或いはコペンハーゲン市民にとって最も重要な交通手段は自転車かもしれない)。大きな通りには歩道と車道の間に自転車専用レーンがある。自動車と同じく右側通行であり逆走はできない。

引用終わり

日本でも自転車に乗る人が少しずつ増えてきているように思います。
これからさらに増えるんじゃないかな?



↑自転車専用道が広いですね。歩行者が道路を横断するときは、自転車にぶつからないように注意が必要。(コンゲンスニュートー広場にて)



P1050335_.jpg

横断歩道でも自転車専用ゾーンが広いですね。


参考、上の過去記事:デンマーク、コペンハーゲンはエコシティー


posted by ごっしー at 19:41| 富山 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境・エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確か一定の距離で走り続けるとずっと青信号だったような気がします
Posted by D at 2010年12月03日 07:19
やはり自転車に優しい都市のようですね。
Posted by ごっしー at 2011年01月31日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。