2009年12月06日

骨は使わないと減ってくる

最近、学校で松葉杖をついて歩いています。私の一生で初めてのことです。
かかとの骨挫傷(こつざしょう)と診断されています。

卓球部の練習で、左足を「ガンッ」と踏み込んだのがケガのきっかけでした。靴底が薄い革靴を使って練習したのがいけなかったようです。
まじめにやると卓球は足に対してなかなかハードなスポーツなんです。

初診時に2〜3週間で治ると言われていましたが、3ヶ月たっても痛みが取れない。「おかしいな」

学校はなかなか忙しいところで、てこてこ校舎内を歩き回るのがよくないようです。でも仕事ですから歩きます。

このけがの足は正直で、歩けば歩くほど一日の後半に痛みがくる。

***************

↓そこで今日、整形外科でレントゲン写真を撮ってもらいました。

P1050687_640.jpg

P1050689_.jpg
↑こちらは3ヶ月前のエックス線写真、かかとの部分です。
 (X線写真では骨の内部まで写るんです。すごいですねー。)
 この写真からは異常は認められないそうです。
 ただし別角度からの写真ではひっかき傷のようなものが写りました。
 ルーペで見なければわからないほど微小なものです。
 また、MRIの写真では内出血が写りました。
P1050691_.jpg
↑今日撮ってもらった写真
 ・・・この写真でも異常は見られないそうです。
 大きなけがに進行しておらず、安心しました。


ただし、骨が減っていると言われました。これは上の2枚の写真の比較でわかります。見比べてください。


無重量状態の宇宙船から地球に帰還した宇宙飛行士の骨が弱っていた・・・というのは有名な話ですが、それと同じであるとお医者さんに教えていただきました。

松葉杖を使っていると、足を使わなくなるので、骨密度が減ってしまうのです。

牛乳をたくさん飲むなどカルシウム補給はしているんだけどな。
痛みを感じない範囲で足を使う生活を続けるしかありませんね。
私がギブスによる足の完全固定をしない理由はそこにあります。


posted by ごっしー at 06:34| 富山 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

自分も今、右中指を骨折中です…。
突き指だと思って2週間放置していました(試験やtomi shopの準備などで病院に行けなかった)。
自分は全く痛みがなくただ腫れている状態でした。

病院にいくと骨を金具で固定する手術をするといわれ11/27に手術をしました。(手術室で)



報告が遅れましたが進路が決まりました。
来年からは大阪の観光専門学校に入学します。
本心はJR西に就職したかったのですが、視力の悪すぎで校内選考で落ちました...
来年、レーシック手術をして再度JR西にチャレンジしたいと今の時点で考えています。
Posted by SL,B at 2009年12月06日 19:05
お久しぶりです。卒業生さんのコメント
はうれしいものです。

もう高校卒業なんですね。
JR西は、夢のある進路ですね。

ケガはいつか治ります。
それまで無理をしすぎないようにお互いに気をつけましょう。
Posted by ごっしー at 2009年12月07日 22:20
針を抜くのは6週間後です。
そのあと軽いリハビリを行います。
完治はまだまだです・・・。
Posted by SL,B at 2009年12月09日 17:59
利き手の右手は文字通り痛いですね。
こちらも治るまで長期戦になるかもしれません。

骨折はしたら骨折前に比べて骨が強くなると聞きます。その部分は2度と折れなくなるそうです。
人体のすごいはたらきだと思いました。

また、ちょくちょくブログに遊びにきてくださいね。
Posted by ごっしー at 2009年12月09日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。