2009年06月07日

未来の温室栽培は、らせん状立体駐車場型で?




都市で野菜や果物を作って、運送料を減らそうという試み。

複数階の温室なので、面積が少ない土地でも多く野菜と作ることができる。
らせん型に階が上がっていく。立体駐車場と同じ造りと思いました。

おもしろいですねー。下の階から育て始め、徐々に作物は上の方へ送られて、最上階で収穫されるそうです。

ベルトコンベアでの流れ作業のようですね。


posted by ごっしー at 19:57| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。