2008年08月18日

北京五輪、開会式を支えた科学技術A

2つ目として、花火打ち上げ技術をあげておきましょう。

音楽と連動してタイミング良く打ち上がる花火ショー・・・・



富山の花火大会もそうなったと聞きました。

コンピュータを使って音楽と打ち上げのタイミングを同期させているのです。

花火の色は、いろいろな化学物質をどう配合するかによって決まります。含まれる元素の種類によって決まった色の炎が発生します。これを炎色反応といっています。
ちなみにみそ汁が吹きこぼれるとガスコンロの炎が黄色になります。これも炎色反応です。みそ汁の中の食塩(塩化ナトリウム)に含まれるナトリウムが黄色を出しているのです。


posted by ごっしー at 23:54| 富山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。